• Tekemori Hiroomi

インポッシブル・アーキテクチャー 埼玉県立近代美術館


「インポッシブル・アーキテクチャー」展@埼玉県立近代美術館に行ってきました。 美術館の設計者は黒川紀章。 マレービッチ、タトリンのロシア・アバンギャルドの作品からはじまり最後は新国立競技場ザハ案。 他で語られているとおり現代の建築を切り開いた作品ばかり。 セドリック・プライスの「ファン・パレス」を久しぶりに見て作品集が欲しくなりました。そのドローイングには時間軸に沿った機能の変化が描かれていて現在でも設計者がトライし続けていることを理解しやすいダイヤグラムで示しています。 建築の専門の方でなくても楽しめる展覧会だと思います。

25 views

© 2020 TAKEMORI HIROOMI / WORKLOUNGE 03- VIETNAM co., ltd.